新聞記事より”待機児童 実効性ある緊急対策急げ”

新聞記事より”待機児童 実効性ある緊急対策急げ”

”政令指定都市85市区を調査した結果、最も必要性が高いフルタイム就労世帯でも多数児童が待機中、2010年4月の入園審査は、昨年からの待機を含めさらに激選になる”

”これに対し政府は安心子供基金を200億円増額、総額2700億円にして保育所の分園設置を促す。”

政府がおカネを出しても、やる人がいないのではないかなと個人的には思います。
内容を知らずに言うのは何ですが、短期的資金援助だけでは、実行する側がとるリスクとバランスがとれないと思います。

そもそも子供基金増額ってどういうインパクトがあるのか、政府が何をするのかよく解らない。

近視眼的アプローチではこの問題は解決できないと僕は考えています。
中長期的にやらなければだめだ。

今井浩治 2010/1/28 自宅にて 

コメント

非公開コメント

プロフィール

Koji Imai of MDI

Author:Koji Imai of MDI
MDI 代表 今井浩治のブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード